+足し算-5をうごかす10になる数

そろばん (珠算) 5をうごかす10になる数の足し算

この記事では、そろばんの5をうごかす10になる数の足し算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。5になる数の足し算と10になる数の足し算ができたら取り組むようにしましょう。この記事を見ながら、そろばんに数を入れていきましょう。 数のかくにん まず、6~9の数のかくにんをします。・6=1+5・7=2+5・8=3+5・9=4+5太字の数字は「1のたまの数」とします。 5をうごかす10になる数の足し算 まず、足したい数がそのまま足せるかを、かくにんします。そのまま足せない場合は、①足したい数の1のたまの数を足します。次に、②5をあげます (足す) 。最後に③10を足します。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 5+6 ①6 の1のたまの数は 1 なので、おやゆびで 1 を足します。②ひとさしゆびで 5 をあげます。③おやゆびで 10 をいれます。 5+7 ①7 の1のたまの数は 2 なので、おやゆびで 2 を足します。②ひとさしゆびで 5 をあげます。③おやゆびで 10 …

ー引き算-5をひく数

そろばん (珠算) 5をひく数の引き算のやり方

5になる数の足し算はマスターしましたか?この記事では、そろばんの5をひく数の引き算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。5をひく数の引き算は、そろばんではとてもじゅうようです。この記事を見ながら、そろばんに数を入れていきましょう。 5になる数のペア 1と4、2と3が5になる数のペアですね。5になる数のペアを聞かれたらすぐにこたえられるようになるまでれんしゅうしましょう。5になる数の問題はこちら 5をひく数の引き算 まず、引きたい数がそのまま引けるかかくにんします。そのまま引けない場合は、①引きたい数の5になる数のペアを足します。そして、②5をあげます (引く)。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 5-4 ①4 の5になる数のペアは 1 なので、おやゆびで 1 を足します。 ②ひとさしゆびで 5 を引きます。 5-3 ①3 の5になる数のペアは 2 なので、おやゆびで 2 を足します。 ②ひとさしゆびで 5 を引きます。 5-2 ①2 …

+足し算-5になる数

そろばん (珠算) 5になる数の足し算のやり方

そろばん (珠算) 5になる数の足し算 この記事では、そろばんの5になる数の足し算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。5になる数の足し算は、そろばんではとてもじゅうようです。この記事を見ながら、そろばんに数を入れていきましょう。 5になる数のペア 1と4、2と3が5になる数のペアですね。5になる数のペアを聞かれたらすぐにこたえられるようになるまでれんしゅうしましょう。5になる数の問題はこちら 5になる数の足し算 まず、足したい数がそのまま足せるかを、かくにんします。そのまま足せない場合は、①5を足します。そして、②足したい数の5になる数のペアの数をとります (引く)。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 1+4 ①ひとさしゆびで 5 を足します。②4 の5になる数のペアは 1 なので、ひとさしゆびで 1 を引きます。 2+3 ①ひとさしゆびで 5 を足します。②3 の5になる数のペアは 2 なので、ひとさしゆびで 2 を引きます。 3+2 …

足し算-10になる数

そろばん (珠算) 10になる数の足し算のやり方

この記事では、そろばんの10になる数の足し算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。10になる数の足し算は、そろばんではとてもじゅうようです。この記事を見ながら、そろばんに数を入れていきましょう。 10になる数のペア 1と9、2と8、3と7、4と6、5と5が10になる数のペアですね。10になる数のペアを聞かれたらすぐにこたえられるようになるまでれんしゅうしましょう。練習問題はこちら 10になる数の足し算 まず、足したい数がそのまま足せるかをかくにんします。そのまま足せない時は、足したい数の10になる数のペアの数をとります (ひく)。そして、10を足します。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 1+9 9の10になる数のペアは1なので、ひとさしゆびで1をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 2+8 8の10になる数のペアは2なので、ひとさしゆびで2をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 3+7 7の10になる数のペアは3なので、ひとさしゆびで3をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 4+6 6の10になる数のペアは4なので、ひとさしゆびで4をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 5+5 5の10になる数のペアは5なので、ひとさしゆびで5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 6+4 4の10になる数のペアは6なので、ひとさしゆびで6をひきます。6をひくじゅんばんは、1をひいてから5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 7+3 3の10になる数のペアは7なので、ひとさしゆびで7をひきます。7をひくじゅんばんは、2をひいてから5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 8+2 2の10になる数のペアは8なので、ひとさしゆびで8をひきます。8をひくじゅんばんは、3をひいてから5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 9+1 1の10になる数のペアは9なので、ひとさしゆびで9をひきます。9をひくじゅんばんは、4をひいてから5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 まとめ 10になる数の足し算のやり方はわかりましたか?ゆびのうごかし方に気をつけてれんしゅうしましょう。10になる数の足し算ができるようになったら、10をひく数の引き算にチャレンジしましょう。 Toz Onlineでは、オンラインそろばん教室を開講しています。無料体験も実施中です。こちらに気軽にご連絡ください。

ー引き算-10をひく数

そろばん (珠算) 10をひく数の引き算のやり方

10になる数の足し算はできるようになりましたか?この記事では、そろばんの10をひく数の引き算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。10になる数の引き算も、そろばんではとてもじゅうようです。この記事を見ながら、そろばんに数を入れて一緒にすすめていきましょう。 10になる数のペア 1と9、2と8、3と7、4と6、5と5が10になる数のペアですね。10になる数のペアを聞かれたらすぐにこたえられるようになるまでれんしゅうしましょう。練習問題はこちら 10をひく数の引き算 まず、引きたい数がそのまま引けるかをかくにんします。そのまま引けない時は、すぐ左の10をとります (ひく) 。そして、引きたい数の10になる数のペアの数を足します。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 10-9 ひとさしゆびで10を引きます。9 の10になる数のペアは 1 なので、おやゆびで 1 を足します。 10-8 ひとさしゆびで10を引きます。8 の10になる数のペアは 2 なので、おやゆびで 2 を足します。 10-7 ひとさしゆびで10を引きます。7 の10になる数のペアは 3 なので、おやゆびで 3 を足します。 …

÷割り算-3けた÷2けた-割り戻しあり

【片落とし】そろばん (珠算) 3けた÷2けたの割り戻し (還元) のある割り算のやり方

割る数が1けたから2けたに増えると難しくなります。理由は「割り戻し」という作業が必要になるからです。この記事では、3けた÷2けたのやり方について画像付きで丁寧に説明します。 そろばんの割り算のやり方は「両落とし」と「片落とし」があります。今回は、そろばんに割られる数をおく「片落とし」について説明します。 「割り戻し (還元) 」の詳しいやり方はこちら じゅんび 掛け算と同じように、割り算でも左手をわかりやすくするために使います。※慣れてきたら左手はなくても大丈夫です。左手のなかゆびとひとさし指を絵のようにします。ピースサイン、チョキの指です。なか指は、10のくらいの数をあらわしています。ひとさし指は、1のくらいの数 をあらわしています。 3けた÷2けたのそろばんのしくみ 「片落とし」割り算の手順 そろばんに割られる数だけおく 割られる数のいちばん左の数と割る数の左の数を比べる 割られる数の下に左手のピースサインをおく 1回目の割り算をする 左手のピースサインを右にずらす 4 でおいた商×割る数の右の数を割られる数から引く (引けたら 10 へ) 割り戻しをする 割り戻し後の商×割る数の右の数を割られる数から引く 2回目の割り算をする 左手のピースサインを右にずらす 10 でおいた商×割る数の右の数を割られる数から引く (引けたら 16 へ) 割り戻しをする …

×かけ算-2けた×2けた

【両落とし】そろばん (珠算) 2けた×2けたの掛け算のやり方

2けた×2けたは今までよりも難しくなります。ここができるようになれば、どんなけた数の掛け算になっても大丈夫!この記事では、2けた×2けたのやり方を丁寧に説明します。そろばんの掛け算のやり方は、「片落とし」と「両落とし」があります。今回は、そろばんには問題の数をおかない「両落とし」のやり方で説明します。 はじめに 左手のなかゆびとひとさし指を絵のようにします。ピースサイン、チョキの指です。なか指は、10のくらいの数をあらわしています。ひとさし指は、1のくらいの数 たとえば、12 をおくと絵のようになります。 ※慣れてきたら左手なしでも大丈夫です。 2けた×2けたのそろばんのしくみ 「両落とし」掛け算の手順 指をおく 掛けられる数の左の数と掛ける数の左の数を掛けて、そろばんにいれる 指をみぎにずらす 掛けられる数の右の数と掛ける数の左の数を掛けて、そろばんにいれる 指をそのままにする 掛けられる数の左の数と掛ける数の右の数を掛けて、そろばんにいれる 指をみぎにずらす 掛けられる数の右の数と掛ける数の右の数を掛けて、そろばんにいれる 答えが出る 図解 2けた×2けたなので4回掛け算をします。 2けた×1けたのかけ算が2つ合体したものと考えるといいでしょう。1つは「37×8」(37×80)、もう1つは「37×5」です。掛ける数と掛けられる数を逆にしても答えは変わりません。注意するポイントとして、掛け算の順番は決めておきましょう。 2けた×2けたのそろばんのやり方 そろばんの掛け算両落としのやり方を説明します。 ①指をおく 掛けられる数の 2 けた+掛ける数の 2 けたで、4けた目(千の位)に左手の中指をおきましょう。 ②8×3=24 掛ける数の …

÷わり算-3けた÷1けた

【片落とし】そろばん (珠算) 3けた・2けた÷1けたの割り算のやり方

割り算には慣れてきましたか?この記事では、3けたもしくは2けた÷1けたのやり方を画像付きでわかりやすく説明します。そろばんの割り算のやり方は「両落とし」と「片落とし」があります。今回は、そろばんに割られる数をおく「片落とし」について説明します。 じゅんび 掛け算と同じように、割り算でも左手をわかりやすくするために使います。※慣れてきたら左手はなくても大丈夫です。左手のなかゆびとひとさし指を絵のようにします。ピースサイン、チョキの指です。なか指は、10のくらいの数をあらわしています。ひとさし指は、1のくらいの数 をあらわしています。 3けた・2けた÷1けたのそろばんのしくみ 「片落とし」割り算の手順 そろばんに割られる数だけおく 割られる数のいちばん左の数と割る数を比べる 割られる数の下に左手のピースサインをおく 1回目の割り算の商をおく 割られる数から引き算する 左手のピースサインを右にずらす 2回目の割り算の商をおく 割られる数から引き算する 答えが出る 図解 3けた(2けた)÷1けたの割り算は、2段階で進めていきます。割りきれない数になった時は、割られる数をこえない近い数をさがしましょう。例えば、①の 11÷3 では、3のだんで11をこえない一番近い数は 9 です。9 の掛ける数は 3 なので、商 (しょう) に 3 をおきます。くわしくは後半で説明するので、ここでは順番をおさえましょう。 さいしょの割り算はどこまで見ればよい? 割られる数のいちばん左と割る数を比べましょう。割られる数のいちばん左の数が割る数よりも小さい場合は、2けた割られる数のいちばん左の数が割る数よりも大きい場合は、1けたじっさいに問題を見てみましょう。 …

そろばん (珠算) 問題:たし算「2+8」(1桁•2桁) のやり方

今日は、そろばん (珠算) 問題のたし算「2+8」(1桁•2桁) を勉強しましょう。簡単な、初心者向けのそろばんの問題です。 そろばん問題:たし算「2+8」の解き方 まずは、そろばんの「珠(たま)」をいつものように、「はり」の上と下に移動して、一の位の「定位点(ていいてん)」を決めましょう。 まずは、そろばんで「2」を作ろう 「一の位」の「一珠(いちだま)」を二つ上にあげます。できるだけ「おや指」を使って、「珠(たま)」を動かしましょう。動かした後のそろばんは、下のようになっていますか?なっていれば、OKです。 次に、そろばんで「+8」してみよう 「+8」は「10-2」ですよね?だから、まずはそろばんの「一の位」を2下げて、「-2」をしてみましょう。「ひとさし指」を使うのがいいです。 次に、そろばんの「十の位」を1上げて、「+10」しましょう・「おや指」を使ってやりましょう。 そろばんの「一の位」を二つ下げることが、「-2」を表しています。そして、そろばんの「十の位」を一つ上げることが、「+10」を表しています。そろばんでこれらの動作「-2」と「+10」をすることで「+8」をしたことになります。 どうですか?そろばんは「10」になっていますね?「2+8」の答えは「10」ですね! たし算「2+8」の解き方を動画で見てみよう そろばんのたし算問題「2+8」の解き方を動画で確認したい人は下記を見てください。 どうだったでしょうか?そろばん (珠算) :たし算問題「2+8」の解き方は理解できましたか?2桁や3桁など、ほかのそろばん問題にも、ぜひ挑戦してみてください!