かけ算とは

【かけ算】かけ算ってなに?かけ算の意味をわかりやすく解説します!

小学2年生になると、いよいよスタートする「かけ算」。かけ算といえば、九九の暗記を思いうかべる人も多いかもしれませんね。しかし、おぼえてしまえばそれでよいというわけではなく、かけ算のしくみを理かいしてから、九九をおぼえたほうが、文しょう問だいで式を考えるときにも役立ちます。今回は、そのかけ算について見ていきましょう! 目次 1.かけ算って何?~かけ算(掛け算)の定義~ 1年生でべんきょうしてきた「たし算」は、 となります。これを図にすると、 というように、「2こ」と「3こ」をあわせて、1つのまとまりにします。 一方、「かけ算」の問だいでは、 となります。これを図にすると、 このように、「3こずつ」が「5こ」あるので、 ということになります。正しい式ではありますが、たし算を4回もしなくてはいけないので、まちがえやすくなりますし、計算に時間がかかります。 学校では、「算数は、『は(早く)か(かんたん)せ(せいかくに)』を目指しましょう」と教わります。そこで、かけ算の登場です! 「3このまとまり」が「5こ」と考えて、 となります。計算は1回なので、「はかせ」になり、スッキリした式になりました。九九を覚えるのは、この計算をするためです。 「×(かける)」の前の数を「かられる数」「×(かける)」の後ろの数を「かける数」と言います。 2.かけ算のきまり かけざんの式には、きまりがいくつかあります。その中で2つ、覚えておくとよいものをしょうかいします。 2-1.かける数とかけられる数で数字のいみがちがう かけ算では、「まとまりの数×いくつ分=全体の数」で計算します。「まとまりの数」は、先ほどのカゴに入っているリンゴの数(3こ)と同じです。例を見てみましょう。 このように、かける数とかけられる数でいみがちがいます。文しょう問だいで式を立てる時には、十分気をつけましょう。 2-2.かける数とかけられる数を入れかえても「答えは同じ」 このように、ならべ方がかわるだけで、りんごの数は同じです。かける数とかけられる数を入れかえても答えが同じことを「こうかん法そく」と言います。この考え方は、九九の答えをわすれてしまった時にも、やくに立つのでおぼえておきましょう。 3.かけ算の教え方と覚え方 はじめにお話ししたとおり、かけ算は式のいみもしっかりと学んでおくことが、これからの学習で大切になります。「九九は言えるけど、文しょう問だいは苦手・・・」と言うお子さんは多いです。これまで見てきたように、問だいや式に合うように図やイラストで表すことができるか、お家の方がお子さんにかくにんしてあげるとよいでしょう。九九の覚え方は、歌やカードなど、楽しんで取りくめるようにされたものがたくさん出ています。かけ算のゲームやクイズをとおして、あきずに取りくんでいくようにしましょう。 九九の覚え方についてはこちら 4.かけ算ゲーム(九九) 子どもが「九九をなかなか、おぼえられない・・・」というときは、ただ暗記させるだけでなく、ゲームで楽しみながら学んでいきましょう!ここでは、お家の方とも遊びやすい「九九でビンゴ!」をしょうかいします。 4-1.九九でビンゴ!の遊び方 かけ算ゲーム「九九でビンゴ!」の遊び方 ① 九九の表から、すきな数字(答えになる数字)をえらんで、ビンゴカードを作ります。② …

÷割り算 割り戻し

【割り戻し】そろばん (珠算) 割り算の割り戻し (還元) のやり方を解説

この記事では、そろばんの割り算の一番難しいであろう「割り戻し (還元) 」のやり方を丁寧に解説します。 割り戻しを習ったけど、わからなかった方、復習したい方におすすめの記事です。ぜひ記事と一緒にそろばんに数を入れてみましょう。さて、そろばんの割り算のやり方は「両落とし」と「片落とし」があります。今回は、そろばんに割られる数をおく「片落とし」での「割り戻し」で説明します。 割り戻しとは? そろばんの割り戻しとは、割られる数から引き算ができない時に商を1減らして割られる数に戻すことをいいます。また、割り戻しのことを還元とも言います。割り戻しは、割る数が2けた以上の時に使うことがあります。割り戻しをする回数は、1回とは限りません。計算できるまで何度も使う場合があります。特に、2回以上割り戻すことを大還元といいます。 じゅんび 左手のなかゆびとひとさし指を絵のようにします。ピースサイン、チョキの指です。なか指は、10のくらいの数をあらわしています。ひとさし指は、1のくらいの数をあらわしています。 割り戻しのやり方 割り戻しのやり方を「1,638÷26」で説明します。 ① 16÷2をする まず、割られる数をそろばんにおきます。次に割られる数のいちばん左の数 1 と割る数の 2 を比べます。割られる数の方が割る数よりも小さいので、2けたをみます。 16 の下に左手をおきます。割られる数 16 から 16(=2×8) を引きます。 さいしょの割り算はどこまで見ればよいか迷った方は、こちらの記事で復習しましょう。 ②左手を右にずらす 左手を右にずらします。中指の上には 0 、人差し指の上には 3 になります。 …

×かけ算-3けた×1けた

【両落とし】そろばん (珠算) 3けた×1けたの掛け算のやり方

かけられる数が3けたにふえると難しくなりますよね。この記事では、3けた×1けたのやり方を画像付きでわかりやすく説明します。そろばんのかけ算のやり方は「両落とし」と「片落とし」があります。今回は、そろばんには問題の数をなにもおかない「両落とし」について説明します。 はじめに 左手のなかゆびとひとさし指を絵のようにします。ピースサイン、チョキの指です。なか指は、10のくらいの数をあらわしています。ひとさし指は、1のくらいの数 たとえば、12 をおくと絵のようになります。 ※慣れてきたら左手なしでも大丈夫です。 3けた×1けたのそろばんのしくみ 「両落とし」掛け算の手順 指をおく 掛けられる数の左の数と掛ける数を掛けて、そろばんにいれる 指を右にずらす 掛けられる数の真ん中の数と掛ける数を掛けて、そろばんにいれる 指を右にずらす 掛けられる数の右の数と掛ける数を掛けて、そろばんにいれる 答えが出る 図解 掛ける数と掛けられる数は逆にしてもこたえは変わりません。 3けた×1けたなので、3回掛け算をします。 8×3、8×7、8×2 と掛ける数を 8 にすれば、同じ 8 のだんで考えることができるのでやりやすくなります。だから、掛ける数の 8 を掛けられる数としてそろばんの掛け算をいれていきます。 3けた×1けたのそろばんのやり方 そろばんの掛け算両落としのやり方を説明します。 ①指をおく 掛けられる数の3けた+掛ける数の1けたで、4けた目(千の位)に左手の中指をおきましょう。 …

+足し算-5をうごかす10になる数

そろばん (珠算) 5をうごかす10になる数の足し算

この記事では、そろばんの5をうごかす10になる数の足し算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。5になる数の足し算と10になる数の足し算ができたら取り組むようにしましょう。この記事を見ながら、そろばんに数を入れていきましょう。 数のかくにん まず、6~9の数のかくにんをします。・6=1+5・7=2+5・8=3+5・9=4+5太字の数字は「1のたまの数」とします。 5をうごかす10になる数の足し算 まず、足したい数がそのまま足せるかを、かくにんします。そのまま足せない場合は、①足したい数の1のたまの数を足します。次に、②5をあげます (足す) 。最後に③10を足します。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 5+6 ①6 の1のたまの数は 1 なので、おやゆびで 1 を足します。②ひとさしゆびで 5 をあげます。③おやゆびで 10 をいれます。 5+7 ①7 の1のたまの数は 2 なので、おやゆびで 2 を足します。②ひとさしゆびで 5 をあげます。③おやゆびで 10 …

ー引き算-5をひく数

そろばん (珠算) 5をひく数の引き算のやり方

5になる数の足し算はマスターしましたか?この記事では、そろばんの5をひく数の引き算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。5をひく数の引き算は、そろばんではとてもじゅうようです。この記事を見ながら、そろばんに数を入れていきましょう。 5になる数のペア 1と4、2と3が5になる数のペアですね。5になる数のペアを聞かれたらすぐにこたえられるようになるまでれんしゅうしましょう。5になる数の問題はこちら 5をひく数の引き算 まず、引きたい数がそのまま引けるかかくにんします。そのまま引けない場合は、①引きたい数の5になる数のペアを足します。そして、②5をあげます (引く)。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 5-4 ①4 の5になる数のペアは 1 なので、おやゆびで 1 を足します。 ②ひとさしゆびで 5 を引きます。 5-3 ①3 の5になる数のペアは 2 なので、おやゆびで 2 を足します。 ②ひとさしゆびで 5 を引きます。 5-2 ①2 …

+足し算-5になる数

そろばん (珠算) 5になる数の足し算のやり方

そろばん (珠算) 5になる数の足し算 この記事では、そろばんの5になる数の足し算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。5になる数の足し算は、そろばんではとてもじゅうようです。この記事を見ながら、そろばんに数を入れていきましょう。 5になる数のペア 1と4、2と3が5になる数のペアですね。5になる数のペアを聞かれたらすぐにこたえられるようになるまでれんしゅうしましょう。5になる数の問題はこちら 5になる数の足し算 まず、足したい数がそのまま足せるかを、かくにんします。そのまま足せない場合は、①5を足します。そして、②足したい数の5になる数のペアの数をとります (引く)。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 1+4 ①ひとさしゆびで 5 を足します。②4 の5になる数のペアは 1 なので、ひとさしゆびで 1 を引きます。 2+3 ①ひとさしゆびで 5 を足します。②3 の5になる数のペアは 2 なので、ひとさしゆびで 2 を引きます。 3+2 …

足し算-10になる数

そろばん (珠算) 10になる数の足し算のやり方

この記事では、そろばんの10になる数の足し算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。10になる数の足し算は、そろばんではとてもじゅうようです。この記事を見ながら、そろばんに数を入れていきましょう。 10になる数のペア 1と9、2と8、3と7、4と6、5と5が10になる数のペアですね。10になる数のペアを聞かれたらすぐにこたえられるようになるまでれんしゅうしましょう。練習問題はこちら 10になる数の足し算 まず、足したい数がそのまま足せるかをかくにんします。そのまま足せない時は、足したい数の10になる数のペアの数をとります (ひく)。そして、10を足します。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 1+9 9の10になる数のペアは1なので、ひとさしゆびで1をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 2+8 8の10になる数のペアは2なので、ひとさしゆびで2をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 3+7 7の10になる数のペアは3なので、ひとさしゆびで3をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 4+6 6の10になる数のペアは4なので、ひとさしゆびで4をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 5+5 5の10になる数のペアは5なので、ひとさしゆびで5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 6+4 4の10になる数のペアは6なので、ひとさしゆびで6をひきます。6をひくじゅんばんは、1をひいてから5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 7+3 3の10になる数のペアは7なので、ひとさしゆびで7をひきます。7をひくじゅんばんは、2をひいてから5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 8+2 2の10になる数のペアは8なので、ひとさしゆびで8をひきます。8をひくじゅんばんは、3をひいてから5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 9+1 1の10になる数のペアは9なので、ひとさしゆびで9をひきます。9をひくじゅんばんは、4をひいてから5をひきます。次に、おやゆびで10を足します。 まとめ 10になる数の足し算のやり方はわかりましたか?ゆびのうごかし方に気をつけてれんしゅうしましょう。10になる数の足し算ができるようになったら、10をひく数の引き算にチャレンジしましょう。 Toz Onlineでは、オンラインそろばん教室を開講しています。無料体験も実施中です。こちらに気軽にご連絡ください。

ー引き算-10をひく数

そろばん (珠算) 10をひく数の引き算のやり方

10になる数の足し算はできるようになりましたか?この記事では、そろばんの10をひく数の引き算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。10になる数の引き算も、そろばんではとてもじゅうようです。この記事を見ながら、そろばんに数を入れて一緒にすすめていきましょう。 10になる数のペア 1と9、2と8、3と7、4と6、5と5が10になる数のペアですね。10になる数のペアを聞かれたらすぐにこたえられるようになるまでれんしゅうしましょう。練習問題はこちら 10をひく数の引き算 まず、引きたい数がそのまま引けるかをかくにんします。そのまま引けない時は、すぐ左の10をとります (ひく) 。そして、引きたい数の10になる数のペアの数を足します。 ゆびのうごかし方 1のたまを上げるときはおやゆび1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。 10-9 ひとさしゆびで10を引きます。9 の10になる数のペアは 1 なので、おやゆびで 1 を足します。 10-8 ひとさしゆびで10を引きます。8 の10になる数のペアは 2 なので、おやゆびで 2 を足します。 10-7 ひとさしゆびで10を引きます。7 の10になる数のペアは 3 なので、おやゆびで 3 を足します。 …

÷割り算-3けた÷2けた-割り戻しあり

【片落とし】そろばん (珠算) 3けた÷2けたの割り戻し (還元) のある割り算のやり方

割る数が1けたから2けたに増えると難しくなります。理由は「割り戻し」という作業が必要になるからです。この記事では、3けた÷2けたのやり方について画像付きで丁寧に説明します。 そろばんの割り算のやり方は「両落とし」と「片落とし」があります。今回は、そろばんに割られる数をおく「片落とし」について説明します。 「割り戻し (還元) 」の詳しいやり方はこちら じゅんび 掛け算と同じように、割り算でも左手をわかりやすくするために使います。※慣れてきたら左手はなくても大丈夫です。左手のなかゆびとひとさし指を絵のようにします。ピースサイン、チョキの指です。なか指は、10のくらいの数をあらわしています。ひとさし指は、1のくらいの数 をあらわしています。 3けた÷2けたのそろばんのしくみ 「片落とし」割り算の手順 そろばんに割られる数だけおく 割られる数のいちばん左の数と割る数の左の数を比べる 割られる数の下に左手のピースサインをおく 1回目の割り算をする 左手のピースサインを右にずらす 4 でおいた商×割る数の右の数を割られる数から引く (引けたら 10 へ) 割り戻しをする 割り戻し後の商×割る数の右の数を割られる数から引く 2回目の割り算をする 左手のピースサインを右にずらす 10 でおいた商×割る数の右の数を割られる数から引く (引けたら 16 へ) 割り戻しをする …

×かけ算-2けた×2けた

【両落とし】そろばん (珠算) 2けた×2けたの掛け算のやり方

2けた×2けたは今までよりも難しくなります。ここができるようになれば、どんなけた数の掛け算になっても大丈夫!この記事では、2けた×2けたのやり方を丁寧に説明します。そろばんの掛け算のやり方は、「片落とし」と「両落とし」があります。今回は、そろばんには問題の数をおかない「両落とし」のやり方で説明します。 はじめに 左手のなかゆびとひとさし指を絵のようにします。ピースサイン、チョキの指です。なか指は、10のくらいの数をあらわしています。ひとさし指は、1のくらいの数 たとえば、12 をおくと絵のようになります。 ※慣れてきたら左手なしでも大丈夫です。 2けた×2けたのそろばんのしくみ 「両落とし」掛け算の手順 指をおく 掛けられる数の左の数と掛ける数の左の数を掛けて、そろばんにいれる 指をみぎにずらす 掛けられる数の右の数と掛ける数の左の数を掛けて、そろばんにいれる 指をそのままにする 掛けられる数の左の数と掛ける数の右の数を掛けて、そろばんにいれる 指をみぎにずらす 掛けられる数の右の数と掛ける数の右の数を掛けて、そろばんにいれる 答えが出る 図解 2けた×2けたなので4回掛け算をします。 2けた×1けたのかけ算が2つ合体したものと考えるといいでしょう。1つは「37×8」(37×80)、もう1つは「37×5」です。掛ける数と掛けられる数を逆にしても答えは変わりません。注意するポイントとして、掛け算の順番は決めておきましょう。 2けた×2けたのそろばんのやり方 そろばんの掛け算両落としのやり方を説明します。 ①指をおく 掛けられる数の 2 けた+掛ける数の 2 けたで、4けた目(千の位)に左手の中指をおきましょう。 ②8×3=24 掛ける数の …