【徹底解説】英語読み上げ算とは?- そろばん種目別競技に迫る!

はじめに そろばんには、個人総合競技(かけ算・わり算・見取り算)、読み上げ算、読み上げ暗算、フラッシュ暗算など、様々な競技種目があります。 今回は、その中でも英語で行う読み上げ算「英語読み上げ算」にフォーカスを当てて、ご紹介していきたいと思います。 『英語読み上げ算』とは? そもそも「読み上げ算」とは、読み手が読んだ数字を聞き取り、それをそろばんに入れて計算していくという種目です。読み上げられるのは足し算のみの加算と、足し算と引き算が混ざった加減算の2種類です。 『英語読み上げ算』は文字通り、通常日本語で読まれる読み上げ算を、全て英語で行う読み上げ算のことです。 大会によっては3〜4桁(百の位〜千の位)から始まり、問題を重ねるごとに桁数が増えて、最終的には13桁(一兆の位)あたりまで読まれることが多いです。 では、『英語読み上げ算』が実際どのようなものなのかを音声で聞いてみましょう! 英語読み上げ算の音声 どうでしょうか?英語で数字を聞き取り、それをそろばんで弾くとなると、少しハードルが高いように思えますよね。 しかし、基本を押さえれば、『英語読み上げ算』は誰でもチャレンジすることができます! それでは、『英語読み上げ算』を行うにあたって、押さえておくべき大事なポイントを見てみましょう。 億や兆って英語で何て言うの? まず、『英語読み上げ算』を行うためには、各位の英単語を覚え、それを聞き取れるようになることが大切です。 下の表は、一の位〜一兆の位(1〜13桁)に対応する英語をまとめています。 読み上げ算をやったことがない人からすると、日本語でもこれほど大きな数字を扱う機会はあまりないのに、英語となると少し大変だと思う人もいるのではないでしょうか。 しかし、この表を丸暗記する必要はありません!表の太字になっている位に注目してください。 コンマが一つ増えるごとに、Thousand → Million → Billion → Trillion というように単語が変化していっていますね。 これは、そろばん上でいうと黒い点(定位点)ごとに単語が変化しているということです。 このことを踏まえ、あとは頭につく数字がOne → Ten → …

オンラインそろばんの授業中に注意すべき5つのこと

はじめに 近年、オンラインでの習い事が注目されています。オンラインだと従来のように教室に通う必要がなく、自分のペースで進めることができます。そのため、習い事を始めるハードルが下がり継続しやすいのも魅力的ですよね。 さらに、日本にいながら海外と繋がれたり、逆に日本の教育を海外から受講することができるのはオンラインならではのメリットです。 また、新型コロナウイルスの感染が拡大し外出が制限されている中、自宅で習い事ができるのはリスクも少なくおうち時間を有意義に過ごすことができますね。 オンラインでの習い事はこのようにメリットが多くある反面、対面での習い事よりもコミュニケーションが制限されていたり、パソコンやタブレットなどの機器が必要だったりするため、様々な問題が発生しやすいです。 そこで、今回はオンラインの習い事の中でも、特にオンラインそろばんの授業中に発生しやすい問題や、気をつけるべきことをご紹介します。 1. 通信環境を整える オンラインそろばんはもちろんこと、オンラインで授業を受けるためには、まずはパソコンやタブレット等の電子端末やインターネットに接続するための通信環境が必要です。 しかし、電子端末にはトラブルが付随しやすく、ついさっきまでは正常に動いていたのに急に動作がおかしくなることは少なくありません。また、場所によってはWi-Fiの接続が不安定になりやすい家庭もあります。 「いつもよりパソコンの調子が悪い」「Wi-Fi接続が安定しない」などの理由で、授業を受ける事が難しそうな場合は、なるべく早めにの担当者にその旨を伝えましょう。 無理に受講をしようとしても、授業の途中で画面が固まる・声が聞こえない・アプリが落ちるといった不具合が生じることもありますので、不安な場合は別日に振り替えてもらう方が安心です。 2. 生活音を控える オンラインそろばんは自宅でも受講できるため、教室まで移動する手間がかからないというメリットがあります。 その反面、自宅で受講するとなると家事や小さなお子さんの声、家族の会話などの生活音が入りやすくなることがデメリットとも言えます。 生活音が大きいと、生徒本人はもちろん、複数人での授業の場合は他の生徒の集中力も維持しにくくなってしまうのです。また、先生が指導を行おうとしても、生活音が大きすぎると声が届かないこともあります。 では、生活音を控えるためにはどうしたら良いのでしょうか? 一番手っ取り早いのは、生活音が発生しやすい部屋と授業を受ける部屋を分けるということです。そうすると生徒本人も他の生徒も授業に集中しやすい環境となります。 しかし、家事や小さなお子さんの世話をしながら授業の様子を見たいという保護者の方もいるでしょう。 そのような場合は、ミュート(マイクオフ)にすることをオススメします。 ミュートにしている間は、生活音が大きくても他の人には聞こえません。しかし、先生が指導のために「ミュートを外してください」と言うことがありますので、ミュートにするとしても生活音はなるべく抑えるようにしましょう。 3. 手元のそろばんが写せるようにする そろばんは指の動かし方や珠(たま)を動かす順番が決まっており、これを「運指(うんし)」といいます。運指を間違えてしまうと、そろばんを弾くスピードが遅くなってしまいます。 初めは先生が正しい運指を実演しますが、いざ自分で弾くとなると多くの人が運指ミスをしがちなのです。 そのため、オンライン授業では手元のそろばんを写してもらい、運指ミスがあったらその都度指導して正しい運指に矯正していきます。 ノートパソコンであれば画面を傾けて手元を写すことは容易なのですが、タブレットだと難しいことが多いです。そのため、タブレットで受講をされる方は授業を受ける前までに土台を用意するなどして手元を写せるか確認しておく必要があります。 どうしてもタブレットで手元が写せない場合は、重みのあるティッシュケースの穴にタブレットを入れて、傾けると上手くいくこともあります。どのような方法でも手元を写すことができればOKですが、なるべく倒れないように安定した土台を選びましょう。 4. …