そろばん (珠算) 5をうごかす10をひく数の引き算

そろばん (珠算) 5をうごかす10をひく数の引き算
この記事では、そろばんの5をうごかす10をひく数の引き算のやり方を画像つきでわかりやすくせつめいします。
5になる数の足し算と10になる数の足し算ができたら取り組むようにしましょう。
この記事を見ながら、そろばんに数を入れていきましょう。

数のかくにん

まず、6~9の数のかくにんをします。
・6=1+5
・7=2+5
・8=3+5
・9=4+5
太字の数字は「1のたまの数」とします。

5をうごかす10をひく引き算

5をうごかす10をひく数の引き算 早見表

まず、引きたい数が引けるかをかくにんします。
引けない場合は、①10をとります (引く) 。
次に、②5を足します。
最後に③引きたい数の1のたまの数をとります (引く) 。

ゆびのうごかし方

ゆびのうごかし方

1のたまを上げるときはおやゆび
1のたまを下げるときと、5のたまを上げたり下げたりするときはひとさしゆびをつかいます。

14-6

5をうごかす10をひく数の引き算①

10 を引きます。
5 を足します。
③6 の1のたまの数は 1 なので、ひとさしゆびで 1 を引きます。

14-7

5をうごかす10をひく数の引き算②

10 を引きます。
5 を足します。
③7 の1のたまの数は 2 なので、ひとさしゆびで 2 を引きます。

14-8

5をうごかす10をひく数の引き算③

10 を引きます。
5 を足します。
③8 の1のたまの数は 3 なので、ひとさしゆびで 3 を引きます。

14-9

5をうごかす10をひく数の引き算④

10 を引きます。
5 を足します。
③9 の1のたまの数は 4 なので、ひとさしゆびで 4 を引きます。

まとめ

5をうごかす10をひく数の引き算のやり方はわかりましたか?
ゆびのうごかし方に気をつけてれんしゅうしましょう。
これでそろばんの足し算と引き算の基礎はおわりです。
5をうごかす10をひく数の引き算の問題はこちら

Toz Onlineでは、オンラインそろばん教室を開講しています。
無料体験も実施中です。
こちらに気軽にご連絡ください。

Leave a Reply