ブログ

TOP

>

ブログ

> 5歳で足し算ができるようになる教え方や効果を上げる習い事を紹介

5歳で足し算ができるようになる教え方や効果を上げる習い事を紹介

5歳で足し算ができるようになるには?

数の基礎は、3歳頃から育まれ、5歳頃には基礎の大体の部分を身につけていきます。すなわち、5歳で足し算ができるようになるには、以下に挙げる力を必要とします。

  1. 数の概念を理解している
  2. 数字を2つ以上の数に分解できる
  3. 足し算の計算方略を身につける

ここでは、それぞれどのような力なのか解説します。足し算を教える前に、お子様の状況を確認することから始めましょう。

1.数の概念を理解している

5歳で足し算ができるようになるためには、数の概念を理解していなければなりません。足し算は、2つ以上の数字を加えた総量であるため、数字の識別と数量の理解といった概念が必要になるためです。

発達的に、5歳前半には5までの数、5歳後半には10までの数字と数量を一致させることが可能になり、5歳代に数の概念を獲得するといわれています。数を数えられるだけでなく、物全体の多い・少ないといった量から、数そのもの量、数字の意味を捉えられる力が身についてこそ、足し算ができるようになるのです。

参考文献:田中昌人/田中杉恵『子どもの発達と診断5幼児期Ⅲ』大月書店

2.数字を2つ以上の数に分解できる

足し算ができるようになるためは、数字を2つ以上の数に分解できる力も必要です。足し算は、数字を単純化させるほど、理解しやすいためです。特に、繰り上がりが必要となる足し算は、分解させることで格段に理解が早まります。

例えば、9+8 の問題では、8を1と7に分解させ、(9+1)+7 のように10を基準として考えるという具合です。数が大きくなるほど、計算の過程で、繰り返し分解が必要になります。そのため、足し算ができるようになるためには数の分解が不可欠です。

参考文献:健常児における 1 桁同士の足し算の獲得過程|永友真紀|国際医療福祉大学

3.足し算の計算方略を身につける

足し算ができるようになるには、足し算の計算方略を身につける必要があります。計算方略というと難しく感じるかもしれませんが、決してそうではありません。足し算の計算方略とは、足し算の和を出すための方法です。5歳の子どもの計算方略には、以下のようなものが挙げられます。

  1. 全て数える(count-all)
  2. 大きい数から数える(min strategy)

1.全て数える(count-all)

足し算の数字を全て1から数えて、和を導くという方略です。例えば、3+2の場合では、「イチ・ニ・サン」と「イチ・ニ」があることを認識し、「イチ・ニ・サン・シ・ゴ」と数えます。この方法は、それぞれの数字の量を捉えた方が分かりやすい段階の子どもにおすすめです。

2.大きい数から数える(min strategy)

足し算の数字のうち、大きい数字に小さい方の数字を足して和を導くという方略です。 例えば、5+2の場合では、「ゴ・ロク・シチ」と数えます。大きい数字を1から数える必要がないため、計算にかかる時間を節約できます。

参考文献:健常児における 1 桁同士の足し算の獲得過程|永友真紀|国際医療福祉大学

5歳の子どもへの足し算の教え方

ここでは、5歳の子どもへの足し算の教え方について解説します。子どもの理解度に合わせて、少しずつステップアップさせるのが基本です。以下のように進めていくと、効率的に学ぶことができます。

  1. 和が10未満になる小さな数の足し算から始める
  2. 和が10になる数の組み合わせを覚える
  3. 大きい数から数えて和を出す

1.和が10未満になる小さな数の足し算から始める

まず、和が10未満になる小さな数の足し算から始めましょう。5歳は、数の概念を獲得する時期ではありますが、いきなり繰り上がりのようにテクニックを必要とする足し算は難しいです。足し算のつまずきは、初めの段階でもみられます。そのため、できるだけ小さな数の前後を入れ替えながら、繰り返しましょう。子どもに「足し算は簡単」と感じさせることが重要です。

大きい数から数えて和を出す

すでに紹介した通り、足し算は大きい数から数えて和を出すのが効率的です。足し算を始めて、2つの数に差が開いてきたら、大きい数から数えるやり方を示してあげると良いでしょう。

2.和が10になる数の組み合わせを覚える

次の段階では、和が10になる数の組み合わせを覚えます。これは、繰り上がりを理解するために必要なためです。

10になる組み合わせは、以下の10通りです。

1と9・2と8・3と7・4と6・5と5・6と4・7と3・8と2・9と1・10と0

セットにして、機械的に覚えるのがポイントです。これを覚えることで、繰り上がりの計算が分かりやすくなります。筆算にも役立ち、その後の10進法、さらに中学受験にも役立つ2進法やN進法の基礎になる考えでもあるため、しっかり身につけましょう。

3.1桁同士の数で繰り上げがある足し算に進む

小さな数の足し算と、和が10になる数の組み合わせを覚えた後は、1桁同士の数で繰り上げがある足し算に進みましょう。

具体的には、7+4 の問題では、すぐに子どもに解かせるのではなく、親が「(7+3)+ 1」と式を直してあげることから始めます。どこにミスがあるのか見直しが容易になるでしょう。

5歳の子どもに足し算を教えるポイント

ここでは、5歳の子どもに足し算を教えるポイントを紹介します。教えるポイントはいくつかありますが、特に重視したい点は以下の通りです。

  1. 子どもが指で足し算をしても無理にやめさせない
  2. 数がイメージしやすい具体的なモノを使う
  3. 数が学べる玩具を利用する
  4. 計算ドリルやプリントを活用する
  5. そろばんを使って計算する

1.子どもが指で足し算をしても無理にやめさせない

子どもが指を使って足し算をしていても、無理に止めさせないことがポイントです。足し算を始めたばかりの子どもは、指を折って計算することが見られます。指を使うことで、数が視覚化され、子どもにとっては分かりやすい方法なのです。

足の指まで使ったとしても、計算できるのは最大20までですから、子どもも不便さに気づいていくでしょう。無理に止めさせて、足し算へのやる気を失くしてしまう方がデメリットは大きいです。

2.数がイメージしやすい具体的なモノを使う

足し算を教える上で、数がイメージしやすい具体物を利用するのも1つの方法です。子どもが指を使うように、頭の中で数が増えていく様子をイメージすることができません。興味を引くようなキャンディやおはじきなどを利用し、実際に数を数えさせることで、理解を促しましょう。

3.数が学べる玩具を利用する

足し算を教える際に、数が学べる玩具を利用するのも良いでしょう。ゲーム感覚で学べる学習玩具には、様々なタイプがあり、多数販売されています。子どもの取り組みを見守りつつ、なぜ間違えたのか問いかけたり、別の方法に応用したりと、働きかけることも必要です。一緒に楽しみながら、教える姿勢が大切になります。

4.計算ドリルやプリントを活用する

計算ドリルやプリントを活用することも、足し算には効果があります。解きやすい問題から難度が上がっていくため、学習レベルが分かりやすい点が特徴です。足し算は、繰り返し解くことにより計算力が定着するため、より多くの経験が効果につながります。ドリルやプリントと具体的なモノを組み合わせるなどして、理解が進むようにしましょう。

5.そろばんを使って計算する

そろばんを使って、計算するのも有効な方法です。そろばんは、五珠が1個、一珠が4個で構成されています。珠の動きを見ながら計算するため、数字の増え方を明確に理解できるのです。また、そろばんで計算することで、5や10の分解が機械的に(暗算で)できるようにもなるため、2桁の足し算も容易になります。

ただ、そろばんを教えられる家庭は多くはありません。そのような場合には、そろばん教室で学ぶことを検討してみてください。

子どもの計算力×思考力×継続力を伸ばすなら|そろばんToz

驚愕のキャンペーン実施中!初月無料&そろばん+教材プレゼント

期間限定で、3つのキャンペーンを実施中です。

  • そろばんを無料プレゼント
  • 初心者用教材を無料プレゼント
  • 初月無料でレッスンが受講できる

オンライン説明会に申し込む

私どもが運営するToz(トズ)は、「子どもの無限の可能性を引き出す(Zレベルまで)」をコンセプトに、実用性のあるスキルと本質的なスキルとの両立を目指しています。

<こんなことでお悩みではありませんか?>

  • 自分がずっと算数や数学で苦労してきたので子どもに同じ思いをさせたくない
  • 子どもに集中力がなくて将来が心配…
  • 子どもの才能を伸ばしたい
  • 子どもに効率的に学習してほしい
  • 子どもが算数に苦手意識を持っている
  • 子どもに楽しみながらスキルを身に着けてもらいたい

そろばんを通して、これらの実用性のあるスキルを身に着けることができます。

  • 知的好奇心
  • 物事を素早く正しく読み取る力
  • 数字に対する強さや慣れ
  • 集中力
  • 忍耐強さ
  • 基礎的な処理能力
  • 地頭力

さまざまなスキルが養われることにより、勉強に意欲的に取り組めたり算数に強くなったりします。勉強に対する苦手意識を克服し、自信をつけることも可能です。

実用性のあるスキルは、「中学受験合格」にも欠かせない素養です。昨今、中学受験のニーズの増加に伴い、受験体先の早期化が進行。大手学習塾に小学3年生から入塾する場合、入塾までに地頭力や基礎的な処理能力など、勉強の基礎となる能力を高めておく必要があります。

そろばんTozでは、今後、そろばん以外にも作文教室などのさまざまなサービスを提供予定です。

グローバル化・多様化が加速していく社会の中で、子どもが「自由に」生きるための素養を身に着けるためには、実用性のあるスキルだけではなく、本質的なスキルを学ぶことも大切だと考えています。そうした観点から、受験準備のみを想定してスキルを身に着けるのではなく、リベラルアーツ(教養)教育の側面も補い、自律的な考え方・生き方ができるようになっていただきたく願っています。

そろばんTozなら自宅学習がはかどる

そろばんTozでは、オンラインレッスン以外でも自宅学習ができるよう、無料で見れる動画教材を用意しています。動画では、「そろばんとえんぴつのもち方」や「たし算やひき算のやり方」などの動画を公開。そろばんでのたし方・ひき方がわからなくなってしまった場合や計算方法を確認したい場合など、ニーズに応じて活用できます。親御さんが動画を見ながらお子さんを指導する際にも、動画を利用すれば、正しい方法を指導することが可能です。

▼そろばんの動画教材一例

オンライン説明会に申し込む


【関連記事】

こちらの記事では、4歳のお子様が足し算をできるようになるためには何を教えれば良いかやどう教えれば良いかについて解説しています。

4歳で足し算ができる?得意になる教え方やお勧めの習い事をご紹介

この記事の執筆者

そろばんToZ 編集部

四谷とオンラインで授業を展開している「そろばんToZ」編集部です。そろばんや幼児・児童教育に関する情報発信を行なっています。

そろばんToZ 編集部

四谷とオンラインで授業を展開している「そろばんToZ」編集部です。そろばんや幼児・児童教育に関する情報発信を行なっています。

お問い合わせ

各種お問い合わせを、フォームにて受け付けております。
お寄せいただいた内容は編集部にて目を通し、可能な限りご対応を心がけておりますが、
お問い合わせ内容によっては、お時間をいただく場合やお答えできない場合もございますので
あらかじめご了承ください。

    お問い合わせ種別

    (必須)

    お名前

    (必須)

    メールアドレス

    (必須)

    お電話番号

    (必須)

    生徒学年

    (必須)

    学校名

    メッセージ本文

    (必須)